キズやサビは直してから査定

キズやサビは直してから査定すべき?

車の査定に専門店に行く場合ですが、細かいキズやさびは直してから行った方がいいのか迷ってしまうこともあると思います。なぜならできるだけ高い金額で査定してもらいたいので、悩むところです。

 

しかも小さなキズであっても、直すのに数万円かかってしまうこともありますので、やってられないですよね?そう考えると。20万、30万円のかなり安い中古車を買えたとしても、いろいろなメンテナンス費用で逆に高くなってしまうケースもあるでしょう。

 

話を戻しますと、小さなキズなどを直すことで、逆に高くついてしまう可能性が大きくなります。

 

実際の査定では、無理に直さない方がいいようです。上記のように直してもらうと数万円かかってしまうこともありますので、ご自身で直す方もいらっしゃると思います。

 

もちろんきちんと作業できていれば問題はありませんが、塗りが良くなかった場合はかえってマイナスの評価がついてしまいます。くぼみやさびも同様で、キズやくぼみの深さは関係ないようです。

 

またキズやさびなどをキレイに直しても、あまり査定金額に影響しないことも多いので、そのままでいきましょう。つまり、数万円支払ってキズをなおしたのに、査定金額が数千円しか上がらなければ損をしたことになります。

 

その他にも洗車してから査定に行った方がいいのか疑問をもつ人もいらっしゃいますが、査定金額には直接影響しなくても、洗車した方がいいと思います。安いのでは数100円でできますので。

 

車内に関しても、あまりに汚なければさっと掃除くらいはしておきましょう。こちらを業者にお願いすると、数千円から高いところでは1万円前後するところもありますので、ご自身でかるくしておきましょう。