下取りと買取り価格の違い

下取りと買取り価格の違いについて

車を売ろうとした時にネットや車買い取り専門店でいくらくらいで売れるのか調べると思いますが、その中で下取り価格と買取り価格があり、違いがよく分からない人も少なくないようです。そこでこの2つについて説明していきます。

 

下取り価格

下取り価格とは、そのお店で自動車を購入することを前提に決められる価格になります。価格が決まるというよりも、お店側がいくらに設定するのかがカギになります。つまりその店舗で車を買うので、今乗っている車をできるだけ高く買って欲しいという交渉が重要です。

 

買取り価格

買取り価格ですが、オークション市場の相場価格を参考に、買取り店の利益を差し引いた価格になります。おおよその判断基準は、流通価格、年式、走行距離、キズなどを総合的に判断して算出していきます。
販売店のスタッフさんと仲良くなることで、いろいろな話を聞くことができるでしょう。ただし、本社からの指示で一定の価格以上では買取りしない会社もありますので、多くの会社を周って平均的な価格を知りましょう。もちろんネットを利用することでかんたんに最高額が分かります⇒車査定ランキングの口コミ評判

 

 

ここまで見てくると、下取りと買取りはどちらがお得になるのでしょうか?

 

ちなみに下取り価格を高く設定したように見せかけて、新しく購入する予定の車の値引き幅を抑えたりと、書類で操作することができてしまうので注意しましょう。

 

ですので、欲しい車があった場合は、初めから下取りする車があるということは内緒にしておきましょう。まずはじめにその欲しい車自体で
どこまで値引きできるのか見極めることが大切です。

 

その後に自動車の下取り額の交渉に入ることで、一番お得に車の買い替えができます。ということで、買取りも下取りも、その時によって使い分けるので、どちらがお得かは言い難い状況です。