走行距離は短いほうがいい?

走行距離は短い方がいい?

車を下取りしたり売る際には、走行距離は一番重要だと言っても過言ではないポイントかもしれません。この走行距離が5万キロ以上なのか、10万キロ以上なのかによってもだいぶ価格は変わってきます。

 

もちろん前提に人気の車種かどうが、何年の車かどうかということもありますが、とにかく査定をするにあたって大切なポイントになってきます。

 

ここで中古車を購入する人の立場になって考えてみたいと思います。中古車を購入するメリットですが、何と言っても乗りたい車が新車と比べて格段に安いことが挙げられます。

 

ちなみに店頭での販売価格についてみていくと、人気の車種で多く出回っている色の自動車は売れ安いので高く設定されており、買い取りや下取りの方になると売却台数は多くなるので相場は安くなっています。

 

ここまで見てくると分かると思いますが、車を売る人は損をするような仕組みが出来あがっているように感じます。そうして買う側からしても、販売店が安く買い取った車を高く買うことになりますので、納得がいかないですよね?

 

ただし販売店はこのように利益が多く取れますので、いろいろなキャンペーンを開催して、このような仕組みをあやふやにしている部分もあるのではないでしょうか?

 

ここで見方を変えると、車種も色も人気のない車というのが、販売店で購入してもあまり損をしない車と言うことができます。

 

また車を購入する際に走行距離を結構気にされる方がいます。もちろん一生乗りたいということであれば、走行距離は気にするべき点になってきます。

 

ちなみに外国では走行距離が20万キロ、30万キロという車もよく走っているそうです。しかし日本では、多くの人は10万キロ以上の車を見るともうすぐ壊れるという印象をもってる人が多いようです。

 

なぜこのような例を挙げたかといいますと、走行距離が10万キロ以上の車は極端に安くなって売られているからです。これらの点をふくめてお得に車を購入しましょう。

 

車を売るならこちらhttp://車査定ランキング.com/サイトをチェックしてから売るのが賢明です。