車査定 準備

車査定の準備。最後のデートで高く売る?!

車の査定にあたって準備しておくことはたった一つ。
これは、とても簡単な事です。これを一言で言うと、

 

「車の印象を良くする」

 

この一言につきます。

 

自動車を買取査定する業者さんも「人」です。
確かに、そのベースには距離や年式を見ていますが、
最終的にはその車の印象をその車の査定額に強く反映させます。

 

なので、車の査定をしてもらうために、
一番大事なことは車の印象を良くすることなのです。

 

まるで、一番好きな人を初めてデートに誘うときのように、
ピカピカにした車を査定してもらうのが一番高い値段がつきます。

 

まるで、査定士さんをデートに誘うようなテンションでおもてなすのがポイントです。

 

では、具体的に車の印象を良くすると言っても、
どういったことをすればよいのでしょうか。

 

ここで、作戦をお伝えしましょう。その作戦とは、

 

⇒洗車
⇒傷かくし
⇒ワックス
⇒情報収集
⇒セールストーク

 

です。

 

まずは洗車。これが一番大切かもしれません。
目に見えて綺麗かどうかというのはこの洗車が決め手となります。

 

車をピカピカにしたらその後は
細かい傷を車体と同じ色のペンで塗りつぶしていきましょう。
それから、ワックスを掛けて車をテカテカにします。

 

大切なのは車の中も、綺麗にしておくこと。
ホコリ等もできるだけ落とし、
土や不要なゴミなどは必ず捨てておくようにしましょう。

 

基本的に、汚れがある車は査定士さんに
「大切に乗っていなかったのだな」
という印象を与えてしまいます。

 

それだけでなく、ホコリや汚れがあると、
車の傷が見えにくくなってしまうので、
査定士さんは注意深く車を見ることになり、
かえって、小さい傷などを指摘されてしまう可能性が高まるのです。

 

車を綺麗にしたら、情報収集をしましょう。
これは、同様の車の価格がどの程度になっているか、
オプションや、走行距離がどの程度影響しているのかを
調べるということです。

 

基本的に、中古車の買取価格は査定士とのやりとりで決まりますので、
高く買ってもらいたいときには、こちらにも知識武装が必要です。
このように、実際の交渉に至ってはこのような情報収集は「守り」の部分となります。

 

いざ、交渉の際には、もう一つ「攻め」の用意もしましょう。
これが何かというと、最後のポイント、セールストークです。
車両の購入にあたって、追加したオプション(純正品に限ります!)
今まで、どれだけ大切にしていたか、
オイル交換や、3ヶ月毎のメンテナンスをかかさず行っていたことなど、
この車を買うことがどれだけお得なのか、
査定士さんにお話することで、値段が変わってきます。

 

 

せっかく自分が大切に乗ってきた車です。
ちゃんとその良さを表現して、
できるだけいい値段で買い取ってもらいましょう。