車 修理歴 査定

車の修理歴は査定に響くのか?

 

車で、事故を起こしたことはありますか?

 

大きな事故小さな事故、色々あると思いますが、
車のフレームを曲げてしまうような事故は、
後々、中古車として車を買い取ってもらう時に
価格に影響してきます。

 

かすり傷のような物はそれほど価格には反映されませんが、
車体のフレームが曲がってしまうような修理歴があると、もちろん買取価格は低くなります。

 

なぜなら、車体のフレームというのは、
車にとってのまさに骨格です。

 

骨格が歪んでしまうことで、フレーム以外の様々な場所が
間接的にダメになっていってしまうのです。

 

例えば、タイヤを支える車軸。
直接車軸が曲がるような大きな事故はそれほど頻繁に
起こるとは考えられませんが車軸を支えるフレームが
歪んでしまえば、その歪みが後々影響を与え、
車軸、タイヤ全体の調子が悪くなっていきます。

 

当然、そのようなことを考えると、
修理歴がある場合、買取業者さんの方も、
買い取りのお値段を安くせざるを得ません。

 

一概にこの車だからこれぐらい安くなってしまう、
ということは言えませんが、

 

元々の価格が高い、年式が新しい、走行距離が短いなど、
基本的に高く売れる車ほど、修理歴があると安く買い叩かれます。

 

確かに、もともと100万円の車であれば、20万円の値引きはできますが、
もともと10万円の車は5万円ぐらいしか値引きが出来ませんからね。

 

 

中古車の査定に関して、様々な項目が有るのですが
一番わかりにくいのがこの修理歴です。
しかし、このわかりにくいというのは、
一般の顧客にとって、という意味であって、
業者さんには、実は簡単に見破られてしまいます。

 

やはり、業者もプロなので、不自然な点などがあればすぐにチェックをします。

 

具体的にはどういう事かというと、例えば、事故を起こした車は外装がへこみ、傷がつきます。

 

その結果、まずは査定士さんは塗装の部分を見つけ、それから裏側を見ます。
板金を行っているかどうかは、バンパーの裏側からみれば一目瞭然。

 

 

どんなにへこみなどの修理歴を隠そうとしても、査定士が見ると一目瞭然。基本的に、査定士さんの目を逃れることは、出来ないと考えたほうがいいでしょう。

 

 

また初めのほうで述べた理由もあって、
車の修理歴というのは次に買うお客さまにとっても
非常に貴重な情報となります。
修理歴が審査用紙に乗ることは
ひとつの必須事項だと考えたほうがいいでしょう。

 

しかし、どうしても、という人には最後の手段があります。
それは、車査定の準備のところでも述べたように、車をピカピカにしておくこと。

 

そして、修理歴のことは聞かれるまでは触れないこと。

 

査定士さんによっては言わなかったら、
ザクッとしか見ない人もいるかもしれません。
後々修理歴は分かることになるでしょうけれども、
言わなかったら、そのままイケたという話も聞いたことがあります。

 

ちょっと頼りない最後の手段ですが、
どうしても、という時にやってみてください。

 

なんにせよ、修理しなくていいぐらい大事に乗っていることが、高く車を売るポイントとなります。

 

車査定ランキング TOPへ戻る